TeamKaixa.913

アクセスカウンタ

zoom RSS リンクス・Swマスターモデル(Lynx Sw MasterModel)が眠っていた!

<<   作成日時 : 2012/08/25 15:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ゴルフを始めた頃、会社の上司におさがりのクラブを一式頂きました。

当時はクラブを触ったこともない超初心者でしたから、握り方や打ち方などどうしてよいかわからず、しばらくの間、自宅近くの練習場でレッスンプロにレッスンを受けていました。

そのレッスンプロが私のバッグに入っていたクラブを見て、「このサンドウェッジは良いクラブですよ、古いものですが、今でも使っている方はいらっしゃいます。このクラブは取っておいた方が良いですよ。」と言われました。

今ではクラブも新調し、その当時のクラブは処分してしまいましたが、レッスンプロに言われた通り、サンドウェッジだけは捨てずに残しておきました。

それ以来、そのサンドウェッジがあることもすっかり忘れていたのですが、先日、部屋の整理をしていたとき、このサンドウェッジがあることに気づき、当時のレッスンプロに言われた言葉を思い出しました。

「そんなに良いクラブなのか・・・

さっそくクラブに刻印されている「Lynx Master Model」(リンクスマスターモデル)をキーにネット検索してみたら、

「マスターモデルは1971年に発売。既に30年以上が経過しています。もともとはアイアンセットとして発売されたモデルですが、そのSWだけがその存在を大きくクローズアップされました。ショートゲームの名手、青木功プロやジャンボ尾崎プロ、倉本昌弘プロなど、多くのツアープロが使用し、上級者に絶大な人気がありました。15年位前までは、バンカー専用のSWとしてセットの中にマスターモデルを入れていたゴルファーは非常に多かったものです。」
出所:[逸品SW復活!リンクス マスターモデル](2008/6/26)

だとか。超有名なクラブだったのですね

このクラブは色々なモデルがあり、初期型、中期型、後期型、そして現在では復刻版が発売されているようです。

私の持っているものは、ネックの刻印によると後期型のようですが、溝は18本ではなく初期型と同じ22本あります。色々なモデルがあるようですので、どれかは不明ですが、いずれにしろ古いものかもしれません。

なんだか、こんなクラブを持っていただけで、うれしくなっちゃいますね

しばらくほったらかしで、汚くなっていましたので、一生懸命磨いて、さっそく練習してみようと思います。

違いが判るほど、腕は大したことありませんが

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンクス・Swマスターモデル(Lynx Sw MasterModel)が眠っていた! TeamKaixa.913/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる