TeamKaixa.913

アクセスカウンタ

zoom RSS 38歳・兼本、男泣き初V!<三菱ダイヤモンドカップゴルフ>

<<   作成日時 : 2009/06/01 21:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009男子ゴルフ・三菱ダイヤモンドカップを制したのは、兼本貴司プロ。プロ17年目の38歳にしてレギュラーツアー初優勝だそうです。

38歳・兼本、男泣き初V!


茨城・大洗GCは、松林に加え、海沿いで風が吹くと、すごく難しいコースとのこと。そこでの堂々とした戦いっぷり、大したもんです。

目を見張ったのは、16番パー3でのティーショットと、18番で行われたプレーオフ3ホール目のセカンドショット。

まず、16番ティーショットはピンそば15センチというあわやホールインワン寸前の一打。これを難なく決めてバーディー。首位のプレンダン・ジョーンズプロに追いつきます。

そして優勝を決めたプレーオフ3ホール目。スプーンで打ったティーショットは、左のバンカーへ。対するジョーンズプロは、ドライバーで勝負に行き、フェアウェイど真ん中、残りをウェッジでピン下狙えるところ。

これで勝負あったかと思いましたが、兼本プロのバンカーからの残り180ヤードの第2打は、見事2オン  カップまで2.5メートルに付けます。これを沈めてバーディ。パーに終わったジョーンズプロを破って優勝です。

このバンカーショットはすごかったです、あっぱれです

ジョーンズプロは、「パットで負けた。」と言っていたそうですが、この日の兼本プロはショットもさることながら、3〜4メートルのパットを確実に決めていたそうです。

ゴルフは飛ばせばいいってもんじゃないですよね、パターも大事だということをあらためて思いました。

苦節17年、初優勝、おめでとうございます 優勝賞金3,000万円を獲得し、賞金ランクも一気に4位に浮上。これでシード権は確実ですね。

石川遼くんみたいな若い選手の活躍を見てるとすがすがしくて良いですけど、一方でこういう苦労人の選手が頑張った結果を見ていると、こちらも勇気をもらえてうれしいです 僕も負けずに頑張ろうっと。

聞くところによると、広島出身でカネモトということで、ツアー仲間からは阪神の金本知憲外野手をもじり「ゴルフ界の“アニキ”」と呼ばれているそうです。

言われてみれば、イカツイ感じがちょっと似てるかも。でも、お酒は全然飲めないんですって、意外!

兼本貴司プロ・プロフィール


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
38歳・兼本、男泣き初V!<三菱ダイヤモンドカップゴルフ> TeamKaixa.913/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる